夏のオトシゴを実際に無料で立ち読みしてみたぞ

夏のオトシゴが、やたら気になったので、実際に無料で立ち読みしてみる事にしました。

何故かと言うと、ネット上でチラチラと見かける画像のJKが、異様にえっちぃ感じでドストライクだったからです。

夏のオトシゴに出てくる巨乳JKは、この画像です。

無料サンプルを立ち読みしていくと、話の流れがわかって、しかもキャラの特徴もわかってイイ感じです。

例の気になっていた巨乳JKが一ノ瀬香奈という名前で、元は地味系女子だった事も衝撃的でした。

そんな目立たない女の子が、同じく目立たない系男子の山岡くんに告られて付き合うという青春しまくりな展開です。

脅される一ノ瀬香奈

でも、そんな幸せそうな一ノ瀬香奈さんが、割と簡単に強そうな男子にNTRされちゃうとかスゴいですよ。

それより、夏のオトシゴに出てくる男達は、みんな目が描かれてない事に気付きました。

香奈さんの彼氏、山岡くんですら前髪で隠れちゃってますからね。

押し倒される香奈

なんて事を考えて立ち読みしていたら、何か香奈さんが押し倒されてましたよ。

そして、予想通りに大きな胸をペロペロされちゃう香奈さん。

ただのサンプルなのに、普通にエッチシーンが読めて幸せな気分になれました。

ただ、作中の一ノ瀬香奈さんは、エライ事になっていますけどね。

夏のオトシゴを実際に無料で立ち読みしてみた結果は、大体こんな感じです。

夏のオトシゴに出てくるキャラクター達

夏のオトシゴに登場するキャラクター達は、モブを含めるといっぱいいますが、メインとなるのは3人です。

最初に出てくる男子の山岡太郎と、その彼女となった一ノ瀬香奈、そして彼等のクラスメイトの藤池という男ですね。

しかも、物語の中心は、ヒロイン一ノ瀬香奈の彼氏山岡太郎以外の2人とか、完全に寝取りストーリーになっちゃっていますね。

そんなわけで夏のオトシゴの主要キャラの紹介と、実際に漫画を読んでみての主観的なものをまとめていきます。

夏のオトシゴの悲しい主人公山岡太郎

夏のオトシゴの主人公に見える山岡太郎ですが、それなりの登場の仕方をしながらも、序盤で空気になってしまう悲しい奴。

それでも一応は、一ノ瀬香奈と最初から相思相愛という羨ましい男子生徒だったりもします。

さらに香奈の初めてをゲットするまでは、リア充街道を歩んでいましたが、途中から存在すら怪しくなりました。

いや、ホントに山岡太郎くん、何処行っちゃったんだろうと思ってしまうくらい悲しい主人公ですよ。

藤池と香奈

夏のオトシゴのヒロイン一ノ瀬香奈

夏のオトシゴのヒロインが、この一ノ瀬香奈です。

最初は眼鏡の貞子ヘアーという地味なヲタ系女子風でしたが、見た目的な意味で激しく変身します。

隠れ爆乳だった事もあり、元々可愛い素顔を晒すと、超美少女になったわけですよ。

こうしてクラスの野郎共に注目されたおかげで、強引に襲われてしまうのです。

ただNTRな展開でも、最後までオチきっていないのが一ノ瀬香奈という女の子でした。

夏のオトシゴの裏主人公藤池

夏のオトシゴの裏主人公と言えるのが、この藤池です。

こいつは超可愛く激変した香奈とヤリたくなってしまい、上手い具合に弱みを握ります。

そしてド直球に香奈を脅して、寝取ってしまうという性的な方向に行動派な男子生徒。

とりあえず裏主人公という思ってしまうだけに藤池は、胸糞悪い系キャラなので注意です。

夏のオトシゴは初デートからの強行NTRがヤバイ

夏のオトシゴは、香奈と山岡の初デートから始まって、その後の強行NTRがスゴくヤバイです。

では、実際に夏のオトシゴを読んでみた素直な感想を交えて、序盤のネタバレをしていきます。

まずは3ヵ月前に山岡太郎くんが、勇気を出して一ノ瀬香奈に告白する所から始まります。

しかも何故か、いきなり両思いが発覚して即決という、夢のような結果です。

超変身した一ノ瀬さん

そして、サクッと初デートして、さらに1ヶ月後には初エッチと順調な滑り出し。

でも、可愛く変身した香奈が、同じクラスの藤池に目を付けられます。

さらに香奈は学校に、とんでもない忘れ物をして、それをこの男に見つかってしまうのです。

化粧ポーチと香奈

それは香奈のぱっと見は化粧ポーチですが、中には山岡とのエッチ用に購入したゴムが・・・。

と言うか、こんなもの学校へ持ってくるなよって感じですね。

そんな不用意な行動で、学校へコンドーさんを持ち込んでいた事が、一番バレちゃいけない相手にバレたわけですよ。

さらに、そんな大事なものを忘れるとか、一ノ瀬香奈って娘は、かなりのうっかり屋さんですね。

藤池に脅され中の一ノ瀬

ついでに山岡と付き合っている事もバレた香奈は、藤池にストレートに脅されます。

何かもう色々とクラスの連中に言いふらしちゃうぞ、とか言われるわけですよ。

こうして夏のオトシゴは香奈と山岡の初デートで開幕して、藤池の香奈へのヤバ過ぎる強行NTR行為が始まりました。

夏のオトシゴのHシーンが異様に生々しいぞ

夏のオトシゴの本格的なHシーンに突入するわけですが、何だか異様に生々しいです。

最初に少しだけ山岡と香奈の初エッチシーンがありましたが、さらっと流されていました。

だから、まさか後半に、こんなに濃厚で生々しいプレイがあるとは思いませんでしたよ。

一ノ瀬さんのお部屋

まず、強制的に藤池をお持ち帰りするハメになった一ノ瀬さんは、ちょっとずつお触りされちゃいます。

リアリティがある髪弄りから始まり、一気に香奈は押し倒されます。

そしてベロチューになりますが、やたらコマを使って生々しさを表現していますね。

ペロられる香奈

そして巨乳を揉みしだかれ乳首攻めをされると、まさかのそれだけで絶頂しちゃうという敏感な一ノ瀬さんに萌えました。

そのまま藤池に言葉攻めされつつ、びしょびしょになった股間を撫でまわされるとお互いに準備は万端。

遂に香奈は、山岡以外の男にヤラれてしまう事となります。

一方、山岡くんは、悠長に一ノ瀬さんが待ち合わせにやってくるのをクソ暑い中で待っていました。

待機中の山岡

そんな役に立たない恋人とは逆に香奈は、山岡より遥かにデカいモノを見せつけられていました。

まだ初体験が終わった所の巨乳JKは、そんな大きなモノを受け入れるには経験が足りなさすぎです。

無理矢理、藤池に貫かれた香奈の顔は、とても苦しそうでした。

そのまま強引にキスされながら、腰を打ち付けられる制服半脱ぎ女子校生。

藤池に貫かれた香奈

調子に乗った藤池に後ろからガンガン攻められる一ノ瀬さんは、その心とは裏腹にビクンビクンとイキまくりです。

この男が1発出す間に、何度かイッてしまった彼女は、もう全身に力が入りません。

激しいプレイ中の藤池と一ノ瀬

ごめんなさい山岡くん

そんな状態でも、完全にはオチてないらしく、言葉では最後まで抵抗する香奈さん。

可愛いムチムチ娘が犯されまくってイキまくりながら、無理して強気な態度を取る姿に萌えるしかありません。

さらに1回くらいでは全然足りない藤池は、今度は別方向から突きまくり、ゴムが無くなっても攻めるのをやめないからスゴいですね。

藤池に抱きかかえられる香奈

歯をカチカチさせる香奈

事後の様子

結局、ダイナミックに中へ出してフィニッシュされて、さっさと撤収する藤池には笑いました。

全てが終わった後、股間から溢れる精液を拭き取る香奈の様子が、何とも言えない空気ですね。

溢れ出るものを拭き取る一ノ瀬香奈

こんな終わり方だったら、夏のオトシゴの続編とか読みたい気分になってしまいます。

このように夏のオトシゴは、Hシーンが異様な生々しさが、良い意味で作用している印象を受けました。

夏のオトシゴを取り扱う電子書籍配信サイトは安心だった

夏のオトシゴを取り扱う電子書籍配信サイトは、DMMという安心できる所です。

最初にメールアドレスを登録する事になっていたから、変なメールとかいっぱい来ないかと心配でした。

でも、夏のオトシゴの誘惑に負けて、恐る恐る無料登録してみた感じです。

あとビビっていたのは、漫画を買う時はクレカを使った方が超楽だから、思わず登録しちゃった事ですね。

そちらも結局、特に何の不都合もないので、今の所は安心しています。

それで、まあ普通に漫画は読めているのですが、別に怪しいメールとかも全然来ません。

正直な話、色々と余計な心配をしていたのだと思いました。

はい、夏のオトシゴを配信している電子書籍サイトのDMMは、普通に安全なサイトですよ、と言い切れます。

登録後、1ヶ月くらい経過しますけど、DMMからのお知らせメールがたまに来る程度で、他は何も変わっていません。

そんな感じなので、とりあえず他の漫画も色々と試し読み歩いている所です。

またDMMは、漫画以外にもCG集とかゲームも取り扱っていて、暇つぶしにも持ってこいでした。

おそらく、これからも萌え的な意味でお世話になっていくと思います。

何だかんだで夏のオトシゴを取り扱う電子書籍配信サイトは、安心な上に便利でした。

夏のオトシゴの作品基本情報

夏のオトシゴの作品関連基本情報は以下の通りです。

【作品名】夏のオトシゴ

【ページ数】31ページ

【作者】アイスピック

【作品取扱サイト】DMM.R18の同人エリア

【ジャンル詳細】寝取られ系、NTR、JK、巨乳、お尻、中出し、制服、陰毛、学園モノ

夏のオトシゴという作品は、基本的に寝取られ系ですが、情報をチェックすると何気に多くのジャンルに関連している事がわかりますね。

夏のオトシゴの作者アイスピックって何者?

夏のオトシゴが超インパクトがあるNTR系短編だったので、作者のアイスピックさんって何者か知りたくなりました。

そんなわけで、あれこれと探ってみると2016年に突如夏のオトシゴでデビューして、そのまま凄まじいダウンロード数を達成したサークルとの事です。

しかもカラー作品じゃないのに、このとんでもない人気ぶりで、デジタル系同人の世界に大きな衝撃を与えていました。

ええ、自分のようなド素人が読んでも、先が気になって仕方が無いストーリーと、女の子の三次元と二次元の良さを混ぜ合わせた感じが最高だと思いましたからね。

アイスピックが描くヒロイン

一般的に二次元作品が好きな人は、陰毛があるキャラとかスルーしがちですが、夏のオトシゴは違和感なく楽しめました。

その辺が、リアルと漫画との融合と言えるのでは無いでしょうか。

それを高いレベルで描いているのが、作者アイスピックなのです。

ただ、このサークルかペンネームか不明なアイスピックは、細かいプロフが謎なのが困りものです。

こんな感じで夏のオトシゴの作者アイスピックは、何者かわからないだけでなく、公式ページとかで次回作のチェックなんて事ができないのが、少々残念ですね。

NTRなスマホ用電子書籍作品について